ロードバイクでの活動をネタ混じりに綴ったブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぺダリングについて
2014年05月20日 (火) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

今日はぺダリングの意識と疑問点について書きたいと思います。

まず、先週末にフラペからスピードプレイに交換した影響で、今までのフラペぺダリングと現在のぺダリングは違いが出ています。

フラペ時には出来なかった引き足が可能となったため、大腿四頭筋を使わないようにクルクルとペダルを回し、
12時~6時はペダルを回している勢いと、足の重さで加重を掛ける感じでクランクを落とす。(踏み込まない)
6時~10時ぐらいの間はハムストリングスにて引き足を使う。(今まで使えなかったハムの意識付けと申し訳程度の筋力強化狙い)

自分の感覚では「これが回すぺダリング」だと思っているのだけど、自転車乗りの指す「回すぺダリング」なのかは不明。

また、ビンディングにしてから爪先の位置がかなり変わっており、軽い爪先立ちのようなぺダリングになっています。
どんな感じか説明が難しいので、ペイントツールでクランクと爪先の向きを書いてみました。
201405202240.jpg
クランク3時
201405202241.jpg
クランク6時
201405202242.jpg
クランク9時
201405202243.jpg
クランク12時

フラペと同じ動きの箇所は股関節から膝までの動きのみで、クランクがどの位置を指していても踵が上がり・つま先が少し下を向いてるという状況。

土~月の3日間でトータル150Kmぐらいの距離を走り、時速25~30Km/hで慣らし運転をしましたが、
特に各関節部に痛みは出ておらず、筋肉についてはハムストリングスに張りを覚えたぐらいです。

ハムストリングスについては意識付けと強化目的があるので若干の疲労感はありますが、他の箇所には負荷が殆ど掛からず、
ペダル回しについては快適に行えており、シッティング時の速度の上がり方が良くなった気がします。
※ダンシングについては信号待ちのゼロスタート時のみなので、ダンシング時のぺダリングは不明。

基本の形が出来ているのであれば、このままフォームを作り上げていきたいと思いますが、
今まで(フラペ時)と踵の位置が大幅に違う為、現在のぺダリングに若干の戸惑いがあります。

また、私は交通事故の影響で右膝の外側靭帯を断裂しており、また、左足にもボルトが入っています。

ぺダリングについては古傷にダメージが行かないよう、特に意識を高めておきたい所ですが、
「本当にこのぺダリング(踵の位置)で脚に負担が掛からないか?」というのが気になります…


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

目標は50位圏内キープ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
LSDトレーニング
2014年05月20日 (火) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

本来ならLSDトレーニングの日は水曜なのですが、週末に殆ど走っていなかった(トータル100Kmちょい)ため、
ビンディングの慣らしとGC-XA2の夜間撮影のチェックを含め、ちょろっとLSDトレーニングをやってきました。

【ルート】
連雀通りを北上→保谷駅から保谷街道(?)へ→新青梅街道を西へ→花小金井・武蔵小金井と南下→連雀通り。
距離は25Kmぐらい。

【基本データ】
心拍数平均142
移動速度平均20Km/h
ケイデンス平均85

東伏見のトンネル上と、田無タワーをパチリ
201405192346.jpg
201405192347.jpg

大通りは流石に速度を上げる必要があったので、該当のエリアではエリアは30Km/h巡航を心掛けつつ心拍数は160以下に留める。
また、ビンディングにて漕ぎ易さが増した影響か、ケイデンス80台をキープするのに若干の難しさを感じた。

ケイデンスはインナートップで回すと90台になり、アウター6速ぐらいで回すと70程度になり、
アウターで1速落としてケイデンス80に合わせようとすると、両脚に若干の負荷を感じた。

スピードプレイとビンディングシューズを装備し、サドル位置も高めに変更となっていてポジションの作り直しという部分もあるが、
巡航にて使用するギアも変わってしまったのは想定外だったw

俺は変な拘りと面倒臭がりが混在した性格だけど、こういう調整等については前者の考えが出るらしく、変なやる気がモリモリと沸いてくる。

週末はビンディングの調整と女房のご機嫌取りをしていたので身体に負荷が掛かっておらず、今日もLSD(もどき)トレーニングだったので、
水曜はちょっと負荷を掛けたトレーニングに切り替え、週末のライドに備えたいと思いますw

以下、撮影した画像
201405192348.jpg
信号待ちでは横の花も綺麗に撮れている。


走行時は全てこんな感じでピンボケ…
201405192345.jpg

201405192349.jpg

こりゃ夜間での使用は殆ど無理だろうなぁ…

ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

目標は50位圏内キープ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ナイトライドというかトレーニング
2014年05月07日 (水) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

今日はGW明けの初出社でしたが、特にやる事もなく定時で退社。
帰宅後、軽めの夕食牛丼特盛りを平らげ、LSDトレーニングを行いに出掛けてきた。

世間的にはLSD(Long Slow Distance)トレーニングは、心肺・脚力に負荷を掛けずに長時間のサイクルを指す言葉らしいんだけど、
自分の場合は仕事明けに数時間も乗る気力がない為、1時間ちょいの「軽く流すサイクリング」である。

自宅から多摩湖サイクリングロードの入り口までは、ウォーミングアップとして高ケイデンスで心肺に若干の負荷を掛け、
サイクリングロードのに突入してからは、ママチャリレベルでまったりと進んでいく。


【LSDについて】
色々なサイトで情報を集めてみたところ、LSDトレーニングに適切な心拍数というのがあるようで、
計算式は下記のようになるらしい(本当かどうかは知らないw)

最大心拍数:220-年齢=
LSDにおける理想的な心拍数:最大心拍数x0.80ぐらい

自分の場合は最大心拍数が180ちょい。従ってLSD時の心拍数は145前後となる。


自分の最大心拍数については、ガーミンのデータを見る限り195とか出てた(過去に登りでガチ漕ぎした時)んだけど、
本当に合っているのか不明のため、一応、一般的に知られているらしい計算式にて実行。


心拍数145程度で走行していると、心肺に全く負荷が掛からず本当にコレで効果あるのか?と思わなくもないが、
以前と比べて距離も走れるようになったという事実があるので、信じてやっていくしかない。
(運動不足のメタボ野郎としては、このトレーニングは楽なので助かっているw)

実は効果が殆どなく「プラシーボ効果乙www」という状況だったとしても、思い込みだけで走れるようになればいいじゃない!
とか考えたり考えなかったりw


今日はネタ薄めかつ真面目な話で〆


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

目指せ50位圏内!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。