ロードバイクでの活動をネタ混じりに綴ったブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グループライドとは
2015年06月20日 (土) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

前々から書きたい事があったので、今回はそれについて記載したいと思います。

ロードバイクの集まりでは、どのようなコミュニティであれ、「基本的に何があっても自己責任」と言いますが、
ライドルールや装備品についての情報が無ければ、自己責任という意味も人により大きく差が出てしまいます。

自分は多数のライドを主催しておりますが、仲間内以外で「○○行くけどどう?」といった緩い誘い方は行ってません。
何故、そういう緩い誘い方をしないかと言うと、技量の知らぬ人が相手では、自己責任の判断基準も違うからです。

当ブログにおける茶川探検隊(仮)のライド募集は、大まかな進行ルートや巡航速度を記載し、休憩場所についても明記。
また、ライドルールと装備品についても多少の穴があるかと思いますが、ローカルルールとして明文化しているので、
ライドの内容に納得された方のみ、参加していただいているという流れです。

このように事前情報を提示する事により、走行内容に不安のある方や、ルール等が小面倒くさいと思う方は参加を見合わせますし、
ライドも信頼出来る人に中軸や殿を任せ、トレイン(慣れていない人含む)の安全面も考慮する形で実施しています。

茶川探検隊(仮)としては、「ココまでが最低ラインとして考えていて、以降については自己責任」というスタンスを取っています。

幸いな事に、初手で良きメンバーと巡り合えたため、人が人を呼ぶ形で当探検隊(仮)は大きな集まりとなりましたが、
人数が多くなった分、いくつかの問題も表面化してきてしまいました。

なんというか… 各自の認識の違いや見通しの甘さという部分を、強く感じるようになりました…

走りに対してストイックになる必要はありませんが、安全面などを考慮した真剣にならなければいけない部分に対し、
個人的には「物事を甘く考えていいて、他人任せで自分の意見を言わない人が多い」という印象を受けます。
(完全に他人任せなのか、波風立てないようにしているのか、全てに従うつもりなのかすら判断できない)

各々が目指している方向が違うため、それこそ「自己責任の世界」であり、そこまで言われる筋合いは無いのでしょうが、
自分としては、安全面に対し真剣に考えられない人・なぁなぁで済まそうという人とは、とてもじゃないが怖くて一緒に走れません。

皆と意見を出し合って決めたライドルールに対し、意味を理解し、納得された方と走りたいと考えています。

また、茶川探検隊(仮)は「自転車仲間と気軽に走れる集まり」であり、「人と知り合う場」ではありません。
当人同士で理解されているから問題ないという訳ではなく、そのような行動を取られると非常に迷惑です。

そういう活動を行いたいのであれば、各個人にて行動して下さい!


以上

ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

なんでこんな事まで書かにゃいかんのだ…(溜息)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。