ロードバイクでの活動をネタ混じりに綴ったブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応急手当マニュアルと治療キットについて
2015年06月13日 (土) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

今回は応急救護の知識向上と、所持品についての告知となります。

ライド時に事故が発生した場合、怪我に対し適切な処置が必要となります。
下記のサイトにて救急対応のいろはを覚えておいてください。
(知識として有るか無いかの違いは、実践で大きな差を生みます!)
応急手当マニュアル

また、茶川探検隊(仮)では、メンバーの意見を集め、救急キットの所持を推奨する事としました。

マッハで救急を呼ばないといけない状況であったとしても、救急車が来るまでの間に出来る治療もありますので、
どのようなアイテムが必要かを各自で判断し、所持する方向でお願いします。

【救急キットの一例】
・消毒液(水ボトル含む)
・バンドエイドや大きい傷パッド(傷口を塞げるもの)
・ガーゼや三角巾(バンダナとかでも可)
・テープやフィルム(巻き固定や保護を目的)
・止血帯代わり使えるビニール紐的なもの
・骨折時の補強道具(携帯ポンプでも可)

今後、茶川探検隊(仮)ライドでは、救急キットの所持もライド参加へのルールとします。
救急キット無所持の方はライドへの参加を見合わせていただきますので、ご理解のほど宜しくお願い致します。

なお、救急キットの中身に対しては、各参加者に一任しますので、最低限の装備は常識の範囲内で整えておいてください。


今年はライドルールの改定、装備品の見直し、パンク修理の講習、安全意識に関する座談会などをやってきましたが、
ライドルールは別として、この手のレクチャーはプロでもショップの人間でもない、一介のおっさんがやる内容ではありません。

今まではライド仲間の事を考えて色々とやってきましたが、正直なトコ、個人的なキャパも限界となっています。
(マイルドに表現すると、最低限の部分は各自で考えてねという話)


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

必要な事とはいえ、こんなんばかり考えてたらライドが楽しめねぇよ…(遠い視線)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。