ロードバイクでの活動をネタ混じりに綴ったブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮ヶ瀬湖への道【後編】
2014年07月08日 (火) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

今回の記事は、宮ヶ瀬湖への道【後編】となります。
前編はこちら

前編を読むの面倒な人用のあらすじ。
・ポタライドに使えそうな西側のルートを探す。
・往復100Km圏内に道の駅やオギノパン、服部牧場・宮ヶ瀬湖などがある。
・面白ポイントを増やしに取り敢えず行ってみるか!
・途中でちまちまさんに襲撃される。
・交通量の少ない安全なルートを教わる。
・気付いたら大垂水峠にいた←いまココ

201407062018.jpg
こんな感じの緩やかな登りを進んでいたが、徐々に勾配がキツくなり両脚と心拍に負荷が掛かる…
(タイムラプスモードにするのを忘れた為、ここから登り切るまで画像は一切なし)

曲がりくねった道を登り続けるも、平地区間が全く存在しない為、心拍が一向に下がらない。

少しでも心拍を下げようと、ケイデンスを落としたりダンシングに切り替えたりと試行錯誤を繰り返すが、全くもって無意味。
脚力的にはまだ余裕があったが、心拍がエンドレス190状態では体力がゴッソリ削り取られていくため、素直に足付き…

水をガブ飲みし、ポケットに忍ばせていた糖分を補給。
呼吸を整え心拍が低下するのを待つ…

心拍が150台に低下したのを確認し、気力を振り絞りバイクに跨る。
無駄に重量を積んだ己のファットなボディを若干恨みがましく思いつつも、
心拍を上げないよう、ケイデンス50ぐらいの鈍足ダンシングで一歩… また一歩と進んでいく。

生まれたての小鹿と見間違うぐらいのダンシングだが、今の俺はコレが精一杯のアタックであり、
ハンガーノックでもなく、脚は残っているのに心拍がキツくて進めないという悔しい状況に追い込まれた…

道中、対面から下ってくるローディ達が俺のしょっぺぇアタックを見て、「がんばれ!」「もうちょっとでテッペンだ!」とエールを送ってくれた。

この心の折れそうな状況下において、同じロード乗りから檄を飛ばして貰えるというのは本当に有難かったが、
途中にあったバス停付近にて、とうとうノックダウン…

両太股に強い張りはあるが、ふくらはぎは無傷。 まだ脚は使えるし登れる体力も気力も残っているが、下がらぬ心拍に泣かされる…
肋骨に締め付けられる嫌な痛みを感じながらここまで登ってきたが、頂上はまだ見えない。

俺は自嘲気味に乾いた笑みを浮かべ、相棒であるネオサイクロン号を両手で押し、とぼとぼと歩きはじめた…
メタボなおっさんが初の山岳アタックという事を考慮すれば、十分やれたのではないだろうか?

バス停から少し進み、左コーナーを曲がると歩道橋。
その少し先にちまちまさんが見えた。

近寄って話を聞くと、どうやらココが頂上らしい…

ちまちまさんがココに到着してから、一体どれぐらいの時間が経過したかは不明だが、
本当にあと僅かという場所まで登れていたようだ。

スポーツの試合後に、よく選手が言うような「力を出し切れなかった」やれ、
「上手くやればもう少し行けたかもしれない」 という愚痴は出ない。

途中で足付きはしたが、あと数百メートル…
たった数百メートルの距離を、俺の心拍が耐え切れなかっただけ…

悔しいもへったくれもなく、「もうちょいだったのになぁ…」と呟くのが精一杯だった。
 
201407062019.jpg
頂上付近の画像

201407062020.jpg
登りがあれば当然のように下りがある。

下りで集中力を切らすと大事故に繋がるので、時速40Km/h後半をキープしてご褒美タイムを満喫する。

201407062021.jpg
休憩所っぽい所

201407062022.jpg
その右手にある鉄橋

201407062023.jpg
左手にある山々

201407062024.jpg
相模湖エリアの看板

201407062025.jpg
相模湖駅に到着!

何故か微妙なマッシブポーズを披露するちまちまさんw

201407072105.jpg
201407072106.jpg
相模湖の公園

ここで一服休憩を取り、近くのコンビニでエネルギー補給。

さぁ、次の目標は津久井湖の公園だ!

津久井湖の公園から南下すれば、目的地の服部牧場がある。
時間的にも体力的にもどうなるか判らんが、ルートの修正は津久井湖で考えよう。

201407072107.jpg
相模湖横のトンネルを抜け、茶川冒険隊は進む。

201407072108.jpg
軽い登りでまたも心拍が危険領域に…

この先に左カーブがあり、泣ける登りが待っていた…
無論、途中で足付きしてネオサイクロン号を押して行ったw

ここから暫くは下り基調なので、時速35Km/h付近の快速トレインでの進行だったが、途中で渋滞にハマる。

時間的にも差し迫っていたので、余りやりたくはないが片足付きつつ路側帯を徐行にて抜けて行き、そのまま道なりに走り続ける。
後で知ったのだが、この渋滞エリアが津久井湖だった模様w
(ガーミンのMAPを見ていなかった)

途中、左手にコンビニがあったら入ろうと考えていたが、見つけるコンビニが片っ端から右手寄りばかりというクソッタレなルートw
結局、橋本付近に戻るまで左手側にコンビニはなかった…

ここで休憩と補給の間隔が間延びした影響もあり、服部牧場へ向かうのを断念。
今回は素直に帰途に着くことにした。

201407072109.jpg
八王子を抜け

201407072110.jpg
浅川の川っぺりを進み

201407072111.jpg
多摩川へ戻る最中のコンビニで休憩

ちまちまさん
Ω<茶川さん、今日は凄い頑張ったねー。 いくつか峠を超えたのに、まだ速度出せるじゃない?w


Ω<アップダウンがあると千切られるけど、平地ならまだ27~28Km/hで走れるよw

この時点で90Km近くを走破していたが、平地でなら無理をせずとも速度は出せる。
何故なら、俺は平地番長だからwww

201407072112.jpg
201407072113.jpg
ちまちまさんとは多摩川で別れ、俺はそのまま南下。

流石に向かい風では速度が出せないので、クールダウンがてら20Km/h巡航で進んでいく。
このまま直で家に戻ると距離的にも稼げない為、吉祥寺のショップ経由で帰る事にした。

ショップの横にネオサイクロン号を止め、ズカズカとショップに侵入。


Ω<ちゃーす!

店員さん
Ω<お、こんにちはー!


Ω<前回、話してたホイールの仕入れを頼みたいんですが、メーカーの在庫を確認して貰えますか?

店員さん
Ω<おぉ、とうとうホイール行きますか!w


Ω<てか、走ってきた帰りだから手付金ほとんど無いけど大丈夫ですかね?(手持ち3漱石

店員さん
Ω<茶川様にはロード2台も買って頂いてるので、そこは(信用取引で)いいですよ!(スマイリー


Ω<えーざーす!(ほっこり

店員さん
Ω<ところで、ホイールは何にするか決まりました?


Ω<クリンチャーのRACING3オナシャス! 

店員さん
Ω<いや~、ランプレのレプリカだから薄々そんな気はしていたけど、ZONDAじゃなくていいの?w


Ω<ZONDAとRS81は知り合いに借りたけどフルクラムは誰も持ってなかったから、行くならコレかと?w

店員さん
Ω<ほほ~、乗り心地はどうでした?


Ω<ZONDAは25Km/hぐらいからグワッと伸びて、RS81は20Km/hぐらいからスイ~って感じでしたね~


Ω<俺はなんかトルク型のぺダリングらしいので、フルクラムのホイールが合ってるような気がするようなしないような…w

店員さん
Ω<RACING3ならメーカーに在庫ありますね。 ところで、うちの店にこんなのありますが…興味あったりします?

つ[キシリウムエリートS

つつ[キシリウムSLS C

店員さん
Ω<エリートSならRACING3やZONDAと同じぐらいのポテンシャルあるし、SLSだと1ランク上ですよ?

店員さん
Ω<ちなみに、いまセール中w
※エリートS 7.2諭吉 SLS10.4諭吉(ともにタイヤ&チューブ付き)


Ω<これは迷うwww

両者の違いを簡単に説明して貰い、エリートSの購入に心が傾く…


Ω<あ、でもセールって13日までだ… 俺、給料15日ですよ…

店員さん
Ω<ちょっとボスに相談してきます。

10秒後

店員さん
Ω<GOサインでました! 問題ナシです!w


Ω<エーザース!w

予約伝票を記載しつつ、大垂水を半泣きで走ってきた事やれ、TDFの会話やれをしつつ、適当に退散。

201407072114.jpg
服部牧場には辿り着けなかったが、走行距離は120Kmを計測。
山岳込みでコレなら十分頑張った感はあるし、1日の走行距離としては新記録。


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

目標は50位圏内キープ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。