ロードバイクでの活動をネタ混じりに綴ったブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【WCCF】新Verアトレティコのメモ
2015年05月28日 (木) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

今日は休みでマーヒーしていたため、吉祥寺のゲーセンに一蹴り行って来ました。

新Verのアトレティコ選手もそこそこ揃って来たため、チーム引継ぎ前・引継ぎ後の使用感を記載しておきます。
(弱小監督なため、全冠とかをゴリゴリやってる人用の使用感ではないので注意!)

【監督ランク及び勝敗など】
■引継ぎ前
NML Eランク
123勝9敗8分
130億882万円

■引継ぎ後
CML Cランク
30勝0敗2分
26億269万円

また、両チームとも使用フォーメーションは下記となります。
4-4-2フラット
4-4-2ボックス
4-3-2-1
4-3-1-2

■A85 ミランダ
引継ぎ前・個人能力:☆4 特殊能力:★5
引継ぎ後・個人能力:☆3 特殊能力:★2
KP:マンマーク
使用感:
KPは★の溜まり具合で大きな差を感じた。また、KP未発動だと13-14同様に中盤へ遊びに行く癖あり。
スペック的には上方修正されており、単純に13-14の強化版と考えていい。

■A82 クリスティアン・アンサルディ
引継ぎ前・個人能力:-- 特殊能力:--
引継ぎ後・個人能力:☆2 特殊能力:★3
KP:組織守備重視
使用感:
今回のVerで初カード化。汎用性の高いKPを所持しているため、枠があれば採用を検討していい1枚。
個人能力が上がらないと、正面からのぶつかり合いですらボールを取る事ができないのが難点。
☆2の時点でそれなりにボール奪取するようになったので、フルパワーを出させるには育成という忍耐が必要。
比較対象がEXフェリペ・ルイスなのでアレだが、彼と比べれば大幅に守備力UPと言っていいだろうw

■A91 マリオ・スアレス
引継ぎ前・個人能力:☆4 特殊能力:★2
引継ぎ後・個人能力:☆4 特殊能力:★2
KP:マリーシア(基本、未使用)
使用感:
12-13と比べ、ボール奪取率が格段と上がった。セットプレイやパスワークからの決定力も底上げされている。
シュート精度もそれなりにあるが、一番のメリットはガビの相方として中盤の底を任せられる存在となった事。
守備範囲も広く、正面からの突破は簡単には許さない。相手にパス回しされると動きまくるのが弱点か?

■SOC21 ガビ
引継ぎ前・個人能力:☆5 特殊能力:★4
引継ぎ後・個人能力:☆4 特殊能力:★3
KP:マリーシア(状況により使用)
使用感:
13-14と比べてSPDがダウン。しかし、DHとして起用する場合、DEF2・POW1とUPしている恩恵がデカイ。
ボール奪取については13-14と同じで、にじり寄れさえすれば高確率で奪取可能。
また、KP使用時は笛が鳴ってもカードが出ない印象を受ける。(10回ぐらいファールして1度もカードなし)
4-3-1-2の中盤右を任せると、テンポ良く右サイドに攻め上がって行く。
ボールを奪われても奪い返せるのとはいえ、本職の右サイドと比べると突破力はワンランク落ちる。

■SOC23 コケ
引継ぎ前・個人能力:☆5 特殊能力:★5
引継ぎ後・個人能力:☆4 特殊能力:★4
KP:スルーパス重視
使用感:
本職の左サイドで使う分には、13-14をマイルドに強化した感じという印象。至って無難な仕上がり。
SOCコケが本領発揮するポジションは別にあり、育っていればトップ下(KP使用含む)で猛威を振るう。
決定的なチャンスを何度も作れるので、常時起点として動かせばFWの得点力が大幅に上がると思われる。
CKの精度は信用できるが、FKは微妙w

■EX11 アントワーヌ・グリーズマン
引継ぎ前・個人能力:-- 特殊能力:--
引継ぎ後・個人能力:☆2 特殊能力:★1
KP:ドリブル重視
使用感:
世間的にはEXキャンペーン(プジョル)のオマケ扱いだと思われるが、個人的には今回のビックリEXカード。
SS(SPD45mUP)のお陰で、途中出場でも十分に仕事をしてくれるアタッカー。但し、ワントップはNG!
テクニックで抜き去る事も、スピードにモノ言わせて抜き去る事も出来る汎用性が魅力。
エリア内ではヘディングは滅多にせずトラップしようとするので、シュートのタイミングが勝負を分ける。
シュートの威力は無く、駆け引きで狙っていく。(ベルカンプみたいな感じ)

■A95 マリオ・マンジュキッチ
引継ぎ前・個人能力:-- 特殊能力:--
引継ぎ後・個人能力:☆1 特殊能力:★3
KP:ポストプレイ重視
使用感:
うちのチームのFWは、WBEトーレス・ARSアグエロ・EXグリーズマンという天元突破型のストライカーばかりのため、毛色の違うポストプレイヤーは重要。
上記の3人と比べてしまうと、単体でなんとかしてくれる要素は薄いが、ドリブルが超小さいのでボールホルダーとしても優秀。
また、KP使用時だけでなく、ロングフィードに対しても身体を張って戦い、ロストボールも懸命にチェイシングする。(するが殆ど取れない)
爆発的な決定力は無いが、常にガチンコ勝負をするので、使っていて爽快感さえ覚えるw

男・マンジュキッチ。彼の戦いは始まったばかりだ…


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

ATLEヴェロンが届いたら、ラツィオもやるでー!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【WCCF】セカンドチームの差し替え
2015年03月22日 (日) | 編集 |
決めたァー! ゴーーーーーーーーーール!
2-0、エル・ティグレーッ!


ラダメル↑・ファルカオ↑・ガルシアーーーーーッ!!↑(裏声)

こんばんは、茶川です。

今日は榛名山へ遠征する予定でしたが、肉離れの回復具合が芳しくなかったため、無念のDNSとなりました。

昨日の時点で回復状況に難があったため、HIGIRIさん達にDNS連絡をしましたが、やはり煮え切らないもので…
ついカッとなってLEロナウドとWMVPロナウジーニョを知り合いから購入。
なお、現在のところ使う予定はなしwww
(諭吉の無駄使い)

という訳で、今回もWCCFの記事となります。

IC問題により元1stチームのラツィオ、2ndチームのアトレチコを永久的にクローズ。
(Aimeのデータ移動が出来ずに封印)

現1stチームはチェルシー(アトレチコ退任)だが、紆余曲折あり停滞中。
停滞中の間に2ndチームを立ち上げる(またアトレチコw)事となる。

【メンバー表】
FW
07-08 フェルナンド・トーレス WFW
06-07 セルヒオ・アグエロ 白
13-14 ジエゴ・コスタ WBE

MF
13-14 ガビ 黒
13-14 コケ 黒
13-14 チアゴ 白
12-13 クリスティアン・ロドリゲス 白
13-14 マキシ・ロドリゲス 白
12-13 マリオ・スアレス 白
12-13 ラウール・ガルシア 白

DF
09-10 トマス・ウイファルシ 白
13-14 ディエゴ・ゴディン URS
13-14 ファンフラン 白
13-14 ミランダ 白
12-13 フィリペ・ルイス EX

GK
12-13 ティボー・クルトワ 白

計16名

今回のチーム設立理由は、12-13チアゴのレアKP[フリーミッション]にて遊ぶこと。
そしてカードのVerにより育成限界が違う事を目視にて確認する作業を前提としている。

育成時に必要なカードが揃っていなかったため、カードショップで買い集めてきたw

【育成差し替え選手】
11-12 フェルナンド・トーレス 白
育成限界:個人☆1・特殊★2
備考:メイン使用のWFWでは個人・特殊共に自動成長しないため。

13-14 セルヒオ・アグエロ ARS
育成限界:個人☆1・特殊★1
備考:06-07白は個人成長で☆3まで行くため、育成後に差し替え。

12-13 ジエゴ・コスタ 白
育成限界:個人☆2・特殊★3
備考:12-13白は特殊成長が★3まで行くため、WBEの育成底上げ。

10-11 コケ 白
育成限界:個人☆4
備考:差し替えの目玉カード。個人成長で☆4はかなり在り難い存在。

12-13 チアゴ 白
育成限界:個人成長なし
備考:KPの本命カード。13-14は特殊★4まで育つので、先行育成でブースト。

08-09 ラウール・ガルシア 白
育成限界:個人☆2・特殊★3
備考:13-14が予備KPのムービングパスワークを所持しているため、特殊成長で育成ブースト。

08-09 ラウール・ガルシア 白
育成限界:個人☆2・特殊★3
備考:13-14が予備KPのムービングパスワークを所持しているため、特殊成長で育成ブースト。

10-11 ディエゴ・ゴディン 白
育成限界:個人☆2・特殊★2
備考:URSと比較してDFとして必要な能力差は、DEF-1・POW-1・STA+1と誤差範囲の優良白。

10-11 マリオ・スアレス 白
育成限界:個人☆3・特殊★1
備考:カードパワーは弱いが個人☆3まで育つため、優秀な育成カード。

09-10 マキシ・ロドリゲス 白
育成限界:個人☆1・特殊★3
備考:13-14は特殊★4のみのため、個人ブースト用に用意。


勝敗:40勝0敗0分
勝率:100%
最高連勝数:40
公式戦勝敗:40勝0敗0分
公式戦勝率:100%
公式戦最高連勝数:40

チーム内得点ランキング
1位 フェルナンド・トーレス 40試合65ゴール
2位 ジエゴ・コスタ 34試合36ゴール
3位 セルヒオ・アグエロ 32試合27ゴール
次点 チアゴ 39試合7ゴール

チーム内アシストランキング
1位 コケ 39試合11アシスト
2位 チアゴ 39試合10アシスト
3位 ラウール・ガルシア 30試合7アシスト

黄金連携
チアゴ~トーレス
(チアゴ~全選手間はうどん)

総評
チアゴを個人☆3・特殊震撼(MAX)まで育成したが、明らかに動きに違いを感じられるようになった。
体力的にKPの常時使用は躊躇われるものの、他KP(ムービング・ワンタッチ・クロス)と組み合わせれば、
今までよりも攻撃の択が増やせ、より攻撃的な采配が取れるであろうと実感。

また、C・ロドリゲスはKPクロス重視・スーパーサブ持ち(SPD+1)を所持しているため、
後半からの出場でもアシスト数を一気に稼げるであろう事を確認。
1stチームでの使用時は、76試合で45アシストを達成。(前線とカレーうどん無し、個人☆1・特殊★4)

※データと考察に関しては、全てCOM戦での内容であり、対人は考慮していません。
まぁ、前データでは金靴も獲得してるし、テンプレのヲタフォメじゃなけりゃなんとかなるだろwww


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

早く自転車に乗りた~い!(妖怪人間○ム風)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
WCCF:マイチームその2
2015年03月05日 (木) | 編集 |
自転車に乗りたいッ!!(絶叫)

こんばんは、茶川です。

日常生活には全く支障がないものの、整体の先生によると腰の筋の回復具合がイマイチらしい…
擦り傷的な表現をするとかさぶたが綺麗に剥がれないといった感じです。

てな訳で、今回もWCCFの記事になります。


ずっとラツィオをやっているのも飽きてくるので、先日からサブチームの育成を開始。

しかし、ここ10年近くサッカーと疎遠の生活をしていたため、最近のサッカーの話題になった時は
取り敢えずメッシとかCロナウドとか言っときゃいいんだろ?程度の知識しかないw

他に知っている事と言えば、マンチーニがインテルやシティで優勝監督になったり、
シメオネがアトレチコで快進撃をしていたり、センシーニがアルゼンチンで監督してたり、
クレスポがパルマの2軍監督だったりとか、元ラツィオ組の事しか知らないwww

なお、近年の選手で俺のハートを鷲掴みにしたのは、ジエゴ・コスタエディン・ジェコの2名。
(※ジエゴ・コスタは元アトレチコの選手で、ジェコはシティの選手。両方とも偉大なラツィオ組の監督下で優勝を経験)

インテルを作成すれば、ラツィオ組の約半数を連れて行けるので便利ではあるが、それは監督引継ぎ時のお楽しみとして取っておきたいので、
新チームをして候補に挙がったのは、ジエゴ・コスタ時代のアトレチコか、ジェコが所属しているシティに限られる。

マンチーニとシメオネについては、現役時・監督時の評価を記載する。

マンチーニ
選手時代:2トップの1角を担うストライカー。 プレイスタイルはファンタジスタ寄り。
監督時代:悪童タイプの選手でも使いこなす。 インテリジェンス溢れるタイプ。

シメオネ
選手時代:バイタルエリアでの活躍が光るMF。 ヤバい時はカード覚悟で削りに行く仕事人。
監督時代:フルタイム死ぬ気でプレス掛けろ! チームの為に走れないヤツは不要!

共に現役時代は優秀な選手であり、監督としても超1流の成績を残しているが、
監督としての熱さで言えば、シメオネに軍配が挙がる。

また、基本的にチームメンバーは両監督の在籍期間に所属していた選手を極力選択という縛りがあるため、
両チームに居たセルヒオ・アグエロの存在がキーとなる。
アグエロは06-11シーズンまでアトレチコに所属。11~シーズンよりシティへ移籍。
(ジェコは2011シーズンまでヴォルフスブルク所属。シティへ移籍したのは11~12シーズンから)

という訳で、新チームはアトレチコ・マドリーにて立ち上げる事となる。
初手で色々と選手が足りなかったので、ここでは補強後のチームを紹介。

【メンバー表】
FW
07-08 フェルナンド・トーレス WFW
13-14 セルヒオ・アグエロ ARS
10-11 ラダメル・ファルカオ・ガルシア WBE
13-14 ジエゴ・コスタ WBE

MF
01-02 ディエゴ・シメオネ 黒
13-14 ガビ 黒
13-14 コケ 黒
12-13 クリスティアン・ロドリゲス 白
08-09 マキシ・ロドリゲス 黒
12-13 マリオ・スアレス 白

DF
09-10 トマス・ウイファルシ 白
13-14 ディエゴ・ゴディン 黒
13-14 ファンフラン 白
13-14 ミランダ 白
12-13 フィリペ・ルイス EX

GK
13-14 ティボー・クルトワ BES

計16名

【途中で退団した選手】
13-14 ダビド・ビジャ 黒
退団理由:チーム設立時にジエゴ・コスタが不在だったための穴埋め入団。
退団までの評価:動き自体は良かった。

13-14 ラウール・ガルシア 黒
退団理由:戦術面で足を引っ張る。12-13白に切り替える予定だった。(枠足りずに離脱)
退団までの評価:戦術的にフィットしなかった。

08-09 マニシェ 黒
退団理由:クリスティアン・ロドリゲスの加入により、出番を失う。
退団までの評価:及第点の活躍していたが、戦術がイマイチフィットせず。

08-09 パウロ・アスンソン 白
退団理由:中盤の底を単独で任せるには、フィジカル面で厳しかった。
退団までの評価:DH2枚体制では光った活躍。汗かき役を全うした。

13-14 アルダ・トゥラン 白
退団理由:悲しいぐらい出番がなかった。
退団までの評価:ノーチャンス

06-07 パブロ・イバニェス 黒
退団理由:文字通り不動のCB。ゴディン加入により退団。
退団までの評価:相手FWに振り切られなければ仕事はする。

10-11 ルイス・ペレア 黒
退団理由:足が速すぎてスタミナが持たなかった。
退団までの評価:カット役としては素晴らしいが、チーム戦術にフィットせず。


勝敗:54勝3敗7分
勝率:84.4%
最高連勝数:19
公式戦勝敗:54勝3敗7分
公式戦勝率:84.38%
公式戦最高連勝数:19

チーム内得点ランキング
1位 セルヒオ・アグエロ 54試合62ゴール
2位 ジエゴ・コスタ 23試合50ゴール
3位 フェルナンド・トーレス 36試合48ゴール
次点 ラダメル・ファルカオ・ガルシア 44試合47ゴール

チーム内アシストランキング
1位 マキシ・ロドリゲス 36試合21アシスト
2位 セルヒオ・アグエロ 54試合19アシスト
3位 コケ 48試合15アシスト

黄金連携
未だナシ

総評
監督ランクを上げるために下位のカップ戦を連戦していたが、途中で色気を出してプレミアディビジョンに乗り込んだのが失敗。
ラツィオではプレミアディビジョンも何度か優勝しているのだが、アトレチコだと守備力が足りずに無理ゲーだった…

そりゃ、ネスタ&スタムに比べたらアカンわなぁwww


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

早くロードに復帰してぇなぁ…
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

WCCF:マイチームその1
2015年02月26日 (木) | 編集 |
こんばんは、茶川です。

ギックリ腰やれ繁忙期のスタートやれあり、ここ1月ほどロードに乗ってません。
4月まではほぼお預け、休み次第では3月の連休あたりにワンチャンあればいいな~という感じ…

休みさえあれば常時ロードに乗っていたような人間としては、乗らない日の過ごし方を忘れてしまっており、
さぁ、何すんべかな…と、無駄に日々を過ごしておりましたw

そんな中、サッカーバカ&野球バカな友人の計略にハマり、気が付いたらWCCFに復帰。
(注:WCCFとはWORLD CLUB Champion Footballの略称であり、いわゆるひとつのサッカーゲーム)

最後にやっていたのがEU版となった04-05のため、最近のシステムはチンプンカンプン。
そして現実のサッカーからも遠ざかっていたので、最近の選手についてもチンプンカンプンwww

手元に残しておいたカードと、ショップで大人買いしてきたカードを組み合わせ、三鷹ラツィオというチームを設立。
作成ポリシーとしては、99-00シーズンのスクデット獲得(セリエA優勝)チームの再現を重視し、
前後数年に加入していたメンバーをスパイスとして組み込み、地中海の青い風(謎)として味付け。

【メンバー表】
FW
02-03 ロベルト・マンチーニ ATLE
01-02 エルナン・クレスポ 黒
02-03 クラウディオ・ロペス 黒

MF
02-03 ファン・セバスチャン・ヴェロン LE
10-11 パヴェル・ネドヴェド ATLE
02-03 マティアス・アルメイダ 黒
01-02 ディエゴ・シメオネ 黒
01-02 セルジオ・コンセイソン 黒

DF
02-03 ジョゼッペ・ファヴァッリ 黒
01-02 アレッサンドロ・ネスタ BE(AE版)
02-03 フェルナンド・コウト 白
02-03 パオロ・ネグロ 白
02-03 ヤープ・スタム 黒
02-03 シニサ・ミハイロビッチ 白
02-03 ロベルト・センシーニ 黒

GK
02-03 ルカ・マルケジャーニ 白

計16名にてスタート

落選メンバー
マルセロ・サラス(持ってない)
シモーネ・インザーギ(枠の都合で出番なし)
カレル・ポボルスキー(知り合いに貰ったが、枠が足りずに落選)
デヤン・スタンコビッチ(この中盤では出番が無い)
ルーカス・カストロマン(この中盤ではry)
ジュゼッペ・パンカロ(持ってない)

論外
ガイスカ・メンディエタ(注記参照)

注記
スペインリーグの「バレンシアでキャプテンかつ現役スペイン代表」という、とんでもねー肩書きを持つ選手。

獲得タイトルは、コパ・デル・レイ(98–99)、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(99)、
UEFAチャンピオンズリーグ準優勝99–00&00–01。そしてUEFAチャンピオンズリーグの最優秀MFを獲得。
当時のバレンシアは「全ての攻撃はガイスカを経由する」とまで言われた程の不動の存在であったが、紆余曲折ありラツィオに移籍。

また、移籍してきた当時、既にヴェロンやネドヴェドといった超一流選手はラツィオから移籍してしまっていたため、
ガイスカは新生ラツィオの救世主として、約50億円というサッカー史上、6番目に高額な移籍金(当時)で入団した。

ファーストネームのGaizkaとは、バスク語で「救世主」の意味がある。

なお、ラツィオ在籍時の活躍は…




20試合0ゴール




何が救世主だよ!!


金欠でヤバかったラツィオの財政を無駄に圧迫しやがって、このクソッタレ野郎!!


という訳で、ガイスカくん()は俺の中で論ずるに値しない選手のため、ハナッから選択肢に含まれていない。


~閑話休題~


暫く振りでの復帰もあってかシステムに慣れるのに苦労したが、当時の世界最強リーグで優勝しているだけはあり、高い勝率を誇っていたのだが…
チーム戦術的に調整を余儀なくされたため、所属選手に若干の手直しを行う。

問題点1:控えFWの層が薄い
問題点2:DFの控えが無駄に多い
問題点2:ネドヴェドが思ったより動かない

OUT
フェルナンド・コウト
退団理由:CBとしてはまずまずだが、控えのスタムはSBも兼任できる。
退団までの評価:ネスタの相方としてよく踏ん張ってくれたが、スタムには勝ち目がなかった。

ロベルト・センシーニ
退団理由:CB・DHのサブとして入団したが、アルメイダとシメオネが居るので出番がなかった。
退団までの評価:戦術目が高いのか、スペースを消す動きが良かった。しかし、足の遅さが致命的だった…

IN
02-03 クリスティアン・ヴィエリ TS
入団理由:FW不足を解消するスーパーストライカー。
入団後の評価:育ってないのに6試合で5ゴール1アシスト。格の違いを見せ付けた!

12-13 ステファン・リヒトシュタイナー 黒
入団理由:パンカロが手に入らなかった&知り合いに「最近の選手も見てやってくださいよー!」と突っ込まれたため加入。
入団後の評価:ネグロと共に右サイドの守護者として十分な活躍。スタムをCBで固定出来るのも高ポイント!

差し替え
02-03 パヴェル・ネドヴェド MVP
入団理由:LVを上げて物理で殴れ。
入団後の評価:ATLEとは比較にならないバイタルエリアでの活躍。圧倒的存在感ッ!!

勝敗:47勝6敗14分
勝率:70.1%
最高連勝数:10
公式戦勝敗:47勝6敗12分
公式戦勝率:72.31%
公式戦最高連勝数:10

チーム内得点ランキング
1位 ロベルト・マンチーニ 56試合57ゴール
2位 エルナン・クレスポ 48試合47ゴール
3位 クラウディオ・ロペス 35試合36ゴール

チーム内アシストランキング
1位 セルジオ・コンセイソン 35試合25アシスト
2位 パヴェル・ネドヴェド 65試合23アシスト
3位 セバスチャン・ヴェロン 63試合18アシスト

黄金連携
クレスポ~C・ロペス
C・ロペス~シメオネ
C・ロペス~ヴェロン~クレスポ(トライアングル)
ネドヴェド~ヴェロン~アルメイダ(トライアングル)
マンチーニ~ファヴァッリ

引き分けが多いとはいえ、十分な成績ではなかろうか?


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。

ブログ村のジャンルでWCCFがあって驚いた!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。